教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 安村 仁志 教授

安村 仁志 教授

名前 安村 仁志 教授  (やすむら ひとし)
学位 文学修士
出身校 大阪外国語大学外国語学研究科
(ロシア語学専攻)修士課程修了
出身地 京都府 出身
研究室 名古屋学舎14号館 4階

自己紹介

京都市生まれ、大学は大阪と、生粋の関西人。大学院修了と同時に本学に着任。“学生との人格的交わりを大切にしたい”をモットーにしてきたつもり。学生たちとロシア語劇にもチャレンジした。専攻はロシア語の他に、ロシア正教会史、東方正教会神学。日曜日は教会に通う(1969年受洗、プロテスタント)。ささやかな趣味は“土曜大工”。愛読書-内村鑑三『後世への最大遺物』、トルストイ『イワンの馬鹿』、ツイアビ『パパラギ』、サン=テグジュペリ『星の王子さま』。国際教養人新渡戸稲造の密かなファン。

学会・公職活動

日本ロシア文学会、日本スラヴ東欧学会、日本福音主義神学会、日本トルストイ協会(副会長)他

主な著書・論文

『ロシア世界』(共著)世界思想社、『西シベリアの歴史と社会』(編著)成文堂、『ヨーロッパ・キリスト教美術案内』(共著)日本基督教団出版局、「東方キリスト教とロシア1~15」(『エイコーン』7号~21号)、「トルストイと神」(中京大学教養論叢)、訳書チェトヴェーリコフ『オープチナ修道院』(新世社)『宣教師ニコライの全日記』(共訳、教文館)他

学内担当クラブならびに役職

学長

トップ