教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 今 有礼 教授

今 有礼 教授

名前 今 有礼 教授  (こん みちひろ)
学位 博士(スポーツ医学)
出身校 筑波大学大学院人間総合科学研究科
出身地 山形県 出身
研究室 名古屋学舎14号館 5階

自己紹介

専門は運動生理学・生化学です.生理学的・生化学的な実験手法を用いて,環境変化や運動トレーニングによる身体の適応メカニズムについて研究しています.特に現在は,低酸素刺激が運動トレーニングによる骨格筋の適応に及ぼす影響について検討しています.
担当する講義では,スポーツの価値や日常生活の中にスポーツを取り入れることの重要性を伝えていけたらと考えています.

学会・公職活動

日本体力医学会,日本体育学会,日本運動生理学会,日本臨床スポーツ医学会,日本武道学会
日本オリンピック委員会(強化スタッフ)

主な著書・論文

Kon M, Nakagaki K, Ebi Y, Nishiyama T, Russell AP. Hormonal and metabolic responses to repeated cycling sprints under different hypoxic conditions. Growth Horm IGF Res, 25: 121-126, 2015.
Kon M, Ohiwa N, Honda A, Matsubayashi T, Ikeda T, Akimoto T, Suzuki Y, Hirano Y, Russell AP. Effects of systemic hypoxia on human muscular adaptations to resistance exercise training. Physiol Rep, 6: e12033, 2014.
Kon M, Ikeda T, Homma T, Akimoto T, Suzuki Y, Kawahara T. Effects of acute hypoxia on metabolic and hormonal responses to resistance exercise. Med Sci Sports Exerc, 42: 1279- 1285, 2010.
Kon M, Tanabe K, Akimoto T, Kimura F, Tanimura Y, Shimizu K, Okamoto T, Kono I. Reducing exercise-induced muscular injury in kendo athletes with supplementation of Coenzyme Q10. Br J of Nutr, 100 (4): 903-909, 2008.
Kon M, Kimura F, Akimoto T, Tanabe K, Murase Y, Ikemune S, Kono I. Effect of Coenzyme Q10 supplementation on exercise-induced muscular injury of rats. Exerc Immunol Rev, 13: 52-64, 2007.

学内担当クラブならびに役職

中京大学体育会剣道部コーチ

担当科目

健康科学,体育実技

トップ