教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 三浦 綾希子 准教授

三浦 綾希子 准教授

名前 三浦 綾希子 准教授  (みうらあきこ)
学位 博士(社会学)
出身校 一橋大学大学院社会学研究科
出身地 宮城県 出身
研究室 豊田学舎9号館 6階

自己紹介

国際移動と教育に関心をよせています。主に日本に住む外国人の子どもを対象にフィールドワークを行い、そこで出会った人々の生き様を描いてきました。このフィールドワークで得た知識や経験は、何よりも自分の研究の糧となっていると感じています。
授業やゼミでは、みなさん一人一人が社会の担い手としての意識を持ち、社会に出て行くきっかけを用意することができればと思っています。また、私自身もみなさんと共に議論を重ねながら、現代社会の抱える問題を(再)発見し、解決に向けて取り組んでいきたいと思います。

学会・公職活動

日本教育社会学会、異文化間教育学会、移民政策学会、関東社会学会、日本移民学会

主な著書・論文

・「ニューカマーの若者の現在ー第二世代が直面する格差問題」『現代思想』4月号  2016年。
・『ニューカマーの子どもと移民コミュニティ―第二世代のエスニック・アイデンティティ』勁草書房、2015年。
「日本人でもなく外国人でもなく—日本で生まれ育つニューカマーの子どもたち」青木利夫,柿内真紀,関啓子編著『生活世界に織り込まれた発達文化―人間形成の全体史への道』東信堂、2015年。
・「2つのホームの間で―ニューカマー1.5世の帰属意識の変容と将来展望」『異文化間教育』40号、2014年、18-33頁。
・「フィリピン系エスニック教会の教育的役割—世代によるニーズの差異に注目して」『教育社会学研究』90号、2012年、191-212頁。
・「フィリピン系ニューカマーのネットワーク形成と教育資源—家事労働者の母親に注目して」『異文化間教育』37号、2013年、116-126頁。
・「多文化地区における地域学習室の機能—ニューカマー1.5世を対象として」『移民研究年報』19号、2013年、69-87頁。

担当科目

教育学A/B,地球市民社会論, 国際教養学入門D,ほか

トップ