教員紹介

ホーム > 教員紹介 > メリサンダ・ベルコウィッツ 講師

メリサンダ・ベルコウィッツ 講師

名前 メリサンダ・ベルコウィッツ 講師  (Melisanda Berkowitz)
学位 博士(学術)
出身校 名古屋大学大学院国際開発研究科
出身地 New York, USA出身
研究室 名古屋学舎14号館 4階

自己紹介

学生時代に、知らない世界を探検したくて、一年間中国で英語講師をしました。色な方と出会い、気持ちよく役に立てる職業だと気付きました。貧困・格差が気になり、バングラデシュで国際協力と地域保健を研究しました。大学院留学生の指導、アジア地域保健ワーカーの参加型研修に携わり、現職にいたります。研究では支援する・される側の関係に注目し、社会的に弱い立場の人が生きやすくなるために「私にできること」を意識します。今特に興味あるのは「障害と開発」です。授業では「当事者」のあなたが主役。思いきり楽しく学びましょう。
子ども3人の母です。ライフワークバランス悪戦苦闘中!

学会・公職活動

国際開発学会、障害学会

主な著書・論文

As editor:
Making Participation a Tradition: The SIAD Experience in New Corella. Davao, Philippines: Institute of Primary Health Care, Davao Medical School, 2012.
                     
Our Work, Our Words: Case Studies by NGO Health and Development Workers in Cambodia, Indonesia, Sri Lanka and the Philippines. Nisshin: Asian Health Institute, 2010
 
As author:
International Leadership Development Course (ILDC) 2009: Report and Training Guidelines for Community Health and Development Workers. Nisshin: Asian Health Institute, 2010
 
“Public Health, Private Habits: Sanitation Promotion in Rural Bangladesh.” In Reinterpreting Your Own Text, Discussion Paper No.110, pp.52-60. Nagoya: Nagoya University Graduate School of International Development, 2002.

トップ