教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 加藤 直樹 准教授

加藤 直樹 准教授

名前 加藤 直樹 准教授  (かとう なおき)
学位 博士 (数理科学)
出身校 東京大学大学院数理科学研究科数理科学専攻博士課程 修了
出身地 埼玉県 出身
研究室 豊田学舎9号館 6階

自己紹介

東京大学大学院数理科学研究科特任研究員、芝浦工業大学教育イノベーション推進センター特別任用講師を経て、2017年4月に着任しました。
小学生の頃から数学(算数)が好きで、大学2年次までは高校教員になろうと考えていましたが、3年次に受講した幾何学の講義で大学数学の面白さを知り、研究者を目指すことを決めました。
専門は幾何学で、特に葉層構造と呼ばれる幾何学的対象について研究をしています。

学会・公職活動

日本数学会

主な著書・論文

N. Kato, Lie foliations transversely modeled on nilpotent Lie algebras, Geom. Dedicata, 179 (1) (2015), 21-37.
N. Kato, Filiform Lie algebras without rational structures, Journal of Lie Theory, 26 (2016), 991-1000.
N. Kato, Solvable Lie flows of codimension 3, Algebr. Geom. Topol, 16 (5) (2016), 2751-2778.

担当科目

数学A, 数学B

トップ