教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 安藤 好郎 教授

安藤 好郎 教授

名前 安藤 好郎 教授  (あんどう よしろう)
学位 体育学士
出身校 中京大学体育学部体育学科
出身地 岐阜県 出身
研究室 豊田学舎9号館 7階

自己紹介

学生時代「墨絵のスポーツ」で世界のスポーツ界、画壇で著名な故斎(トキ)先生から、まだビデオがないとき絵で陸上の技術指導を受ける。その後、心で描かれた理想のフォームを数量的に表現できないか模索する。以来、バイオメカニクス的な手法(各関節の角速度、力の大きさと方向、筋の活動様式)を用いて、トップアスリートの動きの「うまさ」「強さ」の秘密を探究し、競技力の向上に役立てようと努力している。〔現役での、主な競技成績は、日本I・C(十種競技)等で優勝〕

学会・公職活動

日本体育学会、日本バイオメカニクス学会、日本体力医学会、日本衛生学会、スプリント学会・顧問
東海学生陸上競技連盟・会長
日本学生陸上競技連合・参与、愛知陸上競技協会・理事

主な著書・論文

「健康ライフ」(改訂版)1999、3
「循環内分泌代謝機能と関連疾患予防の健康科学」2009.3
「大学女子駅伝ランナーのランニングパフォーマンスを規定する運動学的要因」陸上競技研究47 2001、12
"Glycogen depletion in intrafusal fibers in rat during short-duration high-intensity treadmill running" Acta Physiol. Scand. 2005.185,41-50
"Heart rata variability during high-intensity field exercise in female distance runners" Scand J Med Sei Sports. 16 2006
"加齢によるラット錘内筋線維の形態的および組織化学的変化"日本運動生理学雑誌 第15巻第2号 35~44 2008
"ハンマー投げ競技者の骨質に及ぼすハンマー投げ動作の影響"中京大学体育研究所紀要24.19-23.2010/4
"Variable alteration of regional tissue oxygen pressure in rat hippocampus by acute swimming exercise"                   Life Sciences93(2013)773-777 2013/9
その他

学内担当クラブならびに役職

中京大学体育会陸上競技部部長、跳躍ブロック・ヘッドコーチ

トップ