教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 小峰 総一郎 教授

小峰 総一郎 教授

名前 小峰 総一郎 教授  (こみね そういちろう)
学位 博士(教育学)
出身校 東京大学大学院教育学研究科
博士課程修了
出身地 埼玉県 出身
研究室 名古屋学舎14号館 5階
ウェブサイト 個人のウェブサイト

自己紹介

1951年埼玉県生まれ。近現代のドイツの教育に関心があり、現在、ワイマール時代の「新教育運動」を研究している。1989/90と2005/06にドイツ・ベルリンへ留学、「ベルリンの壁開放」と、その後の変化するドイツ社会、ドイツ教育を目の当たりにした。「世界に開かれた日本の教育」を実現できたらよいと考えている。

学会・公職活動

日本教育学会 教育史学会 日本カリキュラム学会 日本教師教育学会

 

主な著書・論文

『ポーランドの中の«ドイツ人»』(学文社2014/3), 『ドイツの中の《デンマーク人》』(学文社2007/3),
『ベルリン新教育の研究』(風間書房2002/3), 『現代ドイツの実験学校』(明治図書1986/5),
「ライン地方のあるギムナジウム」1, 2, 3, 4, 5 (『中京大学国際教養学部論叢』 2014/11, 2015/3, 9, 2016/3, 10)
 

トップ