教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 杉江 修治 教授

杉江 修治 教授

名前 杉江 修治 教授  (すぎえ しゅうじ)
学位 博士(教育心理学)
出身校 名古屋大学大学院教育学
研究科博士課程
出身地 愛知県 出身
研究室 名古屋学舎14号館 5階

自己紹介

主に教職課程の授業を担当しています。伸びようとしている子どもたちを、豊かに援助できる教師を送り出すことは非常に重要なことだと考えています。
研究では、小・中・高校の授業改善に関する問題を実践とかかわりながら検討しています。人間関係を基盤とした教育づくりに力を注いでいます。できる限り教育の現場に出かけ、実際的な研究をすることに心がけています。研究成果を教師教育に生かすことも試みています。

学会・公職活動

日本協同教育学会会長、全国私立大学教職課程協会理事、日本教育心理学会、日本教師教育学会等会員。

主な著書・論文

『バズ学習の研究』(風間書房)
『授業の教育心理学』(一粒出版)
『大学教授を活性化する方法』(玉川大学出版部)
『協同学習入門』(ナカニシヤ出版)
『協同学習がつくるアクティブ・ラーニング』(明治図書)

学内担当クラブならびに役職

和楽部顧問

担当科目

教育方法論、教育心理学、教職実践演習

トップ