教員紹介

ホーム > 教員紹介 > 高遠 拓児 准教授

高遠 拓児 准教授

名前 高遠 拓児 准教授  (たかとう たくじ)
学位 修士(史学)
出身校 中央大学大学院文学研究科
東洋史学専攻
出身地 東京都 出身
研究室 名古屋学舎14号館 5階

自己紹介

中高生頃から異国の歴史や文化に強い関心を持つようになり、大学進学時には東洋史学を選択、気が付けば研究の世界に足を踏み入れていました。専攻は中国の明清時代ですが、専攻以外の問題についても、幅広く学生の皆さんと学んでゆければと考えています。仕事の息抜きとしては、映画鑑賞や音楽鑑賞、山歩きなどを楽しんでいます。

学会・公職活動

日本歴史学協会、史学会、東方学会、東洋史研究会、白東史学会、明代史研究会、東洋法制史研究会等会員。東洋文庫研究員。

主な著書・論文

「清代秋審制度と秋審条款」(『東洋学報』第81巻第2号、1999年)
「清代地方秋審の手続と人犯管理」(『史学雑誌』第110編第6号、2001年)
「清代秋審制度の機能とその実際」(『東洋史研究』第63編第1号、2004年)
「清代秋審文書と「蒙古」」(『東洋文化研究所紀要』第157冊、2010年)

トップ